瓶から出ている白い錠剤

増加するリスク

ピンク色の薬

私は現在25歳ですが、幼少のころから喘息に苦しめられてきました。今でも時々発作が出てしまい、地獄のような苦しみを味わっています。
自分自身が喘息だということもあり、いろいろ喘息について調べることが多いのですが、実は日本では喘息患者がどんどん増えているようです。1960年代には大人も子供も全体の1%程度しかいなかった喘息ですが、現在は子供の約6%、大人の約3%が喘息を発症しているといわれています。これは自動車の排ガスや、PM2.5などの大気汚染が原因のもので、大人になってから喘息を発症してしまう方も非常に多いようです。現在は400万人もの日本人が喘息に悩まされているということなので、今や喘息は誰にでも起こり得る、ありふれた病気なのです。

私が今回このサイトを立ち上げたのは、この喘息の現状について知ってもらいたいということ、そしてこれから喘息になってしまうかもしれない方に向けて私だからこそ伝えられることがあるのではないかと考えたからです。
私は現在もアスタリンインヘラーという薬を常備しており、喘息の発作を防ぐようにしています。喘息に対抗するにはこのアスタリンインヘラーがあるのとないので大きな違いがあります。私がアスタリンインヘラーを知ったのは全くの偶然だったのですが、日本では知名度の低いアスタリンインヘラーは全ての喘息患者に知ってもらいたいほどの薬でした。だからこそ、私はこのサイトを立ち上げ、アスタリンインヘラーについての体験談を紹介しようと思ったのです。
当サイトでは喘息の症状や治療方法、アスタリンインヘラーの活用方法についても紹介していきますので、今喘息を発症している方はもちろん、喫煙などで喘息のリスクの高い方も是非見ていってください。

なるべく安くで治療を

水と薬を手に持つ女性

2005年に喘息認定の基準が引き上げられてからというもの、喘息の治療は金銭的にも大きな負担がかかるようになりました。そんな時に私が偶然出会ったのがアスタリンインヘラーで、今ではかなりお世話になっています。

この記事の詳細を読む

個人輸入するということ

白色の薬

アスタリンインヘラーは日本で販売されていませんので、海外から個人輸入して購入する事ができます。個人輸入の代行通販なら簡単に購入できますが、購入の際には輸入ならではの注意点がある事はしっかり把握しておきましょう。

この記事の詳細を読む

喘息とは

ピルケースから取り出す薬

喘息とは気管支が炎症を起こし、呼吸困難になってしまうものです。喘息の症状が重い方はいつどのようなきっかけで喘息の発作が起こるかわかりませんので、必ずアスタリンインヘラーなどの吸入薬は手放せません。

詳細はこちら

吸入薬の効果

薬を握っている手元

吸入薬は普通の薬よりも効果が現れるのが早いのが特徴です。発作が生じたときにすぐ利用できますので、喘息患者なら手放せません。アスタリンインヘラーのように気体を吸うタイプのものと、フルタイドのような粉末を吸うタイプのものがあります。

詳細はこちら

副作用について

処方箋の袋から出ている薬

アスタリンインヘラーは副作用の出にくい薬なので、安心して利用できます。気を付けていただきたいのは、薬の飲み合わせと、要領についてです。ここを誤ると大変なことになる可能性があります。

詳細はこちら